無料相談実施中

札幌駅前相続サポートセンター 〒060-0061 札幌市中央区南1条西4丁目5番1号 札幌大手町ビル8階

メールでのご予約はこちら

札幌 税理士法人ノースブレーン

相続税・事業継承専門

札幌駅前相続サポートセンター

札幌駅前介護・障害福祉支援センター

札幌相続ニュース

事務所概要

名称 札幌駅前相続サポートセンター
(運営主体:税理士法人ノースブレーン、前島治基行政書士事務所)
創業 平成19年7月
所在地 〒060-0061
札幌市中央区南1条西4丁目5番1号 札幌大手町ビル8階
TEL 011-222-5595
FAX 011-222-5596
Mail info@sapporo-tax-accountant.com
URL http://sapporo-souzoku.com
ブログ 「札幌駅前相続サポートセンター 公式ブログ」

代表者メッセージ

札幌駅前相続サポートセンターは、弁護士・税理士・司法書士・行政書士など複数の国家資格者を有する道内最大級の総合事務所です。全ての資格者が同じフロアにおりますので、相続に関する様々な問題をすべて一ヵ所で対応することができます。お客様に対しては、時間と労力を煩わせることなく、かつ安価なサービスを提供することができます。

当サイトは、お客様からのご相談内容の中でも特に多い「遺言」に特化したサイトです。ご自身亡き後の財産争いを回避するための手段として、遺言は非常に有効な手段です。しかし、中にはわざわざ争いを誘発してしまうような内容の遺言も多々ございます。その多くは他の相続人の遺留分を侵害しているものであり、あるいは相続人間の不公平感を誘発してしまうような分割内容であります。せっかく遺言を作ったのに、それが原因で余計な争いを生じさせてしまうのであれば全く意味がありません。

このような争いを未然に防ぎ、遺族がその遺言に従って円満に仲良く遺産を受け取るためには、一体どうすればよいのでしょうか?まず一つの方法として、相続人全員の遺留分は最低限確保すべきです。「あいつにだけは財産を渡したくない」と思う人がいたとしても、その人が遺留分を有している場合は、その遺留分を保証するだけの財産を与えるよう検討すべきです(あるいは相続人の廃除を検討する方法もあります)。

そして、付言を徹底的に活用すべきです。特定の人にたくさんの財産を与える遺言を作成する場合、なぜその人にたくさん与えるのか、その理由を他の人達が納得できるように理由を付記し、「私が亡き後も、皆がずっと仲良くいて欲しい」というような愛情のメッセージを込めるべきです。この付言があるかないかで、亡き後の争い事が生じる可能性はかなり変動するのではないでしょうか。

このように、遺言とは非常に奥深いものです。私たち札幌駅前相続サポートセンターは、皆様と二人三脚で、皆様そしてご家族にとって最良の遺言をつくるべくお手伝いをいたします。どうぞお気軽にご相談ください。


事務所所在地

アクセス方法

■公共交通機関
地下鉄大通駅(南北線・東西線・東豊線)10番出口より徒歩1分
JR札幌駅南口より徒歩15分

« 遺言Q&A  遺言TOP  料金について »

ご相談予約はこちらから

遺言Q&A

このページのTOPへ