無料相談実施中

札幌駅前相続サポートセンター 〒060-0061 札幌市中央区南1条西4丁目5番1号 札幌大手町ビル8階

メールでのご予約はこちら

札幌 税理士法人ノースブレーン

相続税・事業継承専門

札幌駅前相続サポートセンター

札幌駅前介護・障害福祉支援センター

札幌相続ニュース

CASE:4

前妻の子に財産を残したい<前妻との間に子供がいる場合>

イメージ

前妻と後妻の仲が良い、というケースは非常に稀ではないかと思います。 前妻に相続権はありませんが、前妻との間で生まれた子は相続権を有します。

遺産分割協議は、後妻(及び後妻との間で生まれた子がいる場合は、その子)と、その前妻の子を交えて行う必要があります。普段付き合いの無い人同士が膝を突き合わせて遺産分割の話を進めるのは決して好ましい光景ではなく、気まずい雰囲気が生じると思われます。

このような場合には、あらかじめ遺言を作成し、かつ全ての相続人が気持ち良く納得するよう公平な遺産分割内容を記載しておくべきでしょう。そうすれば、ご自身の死後は遺言執行者がその遺言内容を粛々と実行するだけで、相続人同士が会わずに済みます。「全ての相続人が納得するよう公平な遺産分割」にすることが大きなポイントです。くれぐれも遺留分を侵害することだけは避けるべきです。

« CASE3:あの人に財産を渡したい  遺言TOP  遺言の方式 »

ご相談予約はこちらから

遺言Q&A

このページのTOPへ