無料相談実施中

札幌駅前相続サポートセンター 〒060-0061 札幌市中央区南1条西4丁目5番1号 札幌大手町ビル8階

メールでのご予約はこちら

札幌 税理士法人ノースブレーン

相続税・事業継承専門

札幌駅前相続サポートセンター

札幌駅前介護・障害福祉支援センター

札幌相続ニュース

CASE:3

あの人に財産を渡したい<相続人以外の人や団体などに財産を渡したいパターン>

例えば次のようなケースが考えられます。

  • ・何らかの理由で入籍できない内縁の妻、不認知の子などに財産を渡したい場合。
  • ・相続権のない孫や義理の親族(長男の妻など)、知人などに財産を渡したい場合。
  • ・菩提寺や福祉団体などに財産の一部を寄附したい場合。

通常の遺産分割で財産をもらう権利があるのは、民法に規定する法定相続人だけです。 例えば遺言以外の方法で相続権のない孫に財産を渡す方法としては、

イメージ
  • (a)一旦その財産を相続人が相続する。
  • (b)その財産を相続人から孫に贈与する。

という二段構えの方法を取らねばならず、(b)の贈与によって多額の贈与税が発生してしまう可能性がありますし、かつその相続人が本当に自分の死後その通りに実行してくれるかどうかの保証はありません。 遺言でその旨記載しておけば、間違いなくその記載した通りに実行されます。 なおこのケースにおいても上記と同様、相続人の遺留分を侵害しないよう注意することが必要です。

« CASE2:あの人に多く残したい  遺言TOP  CASE4:前妻の子に財産を残したい »

ご相談予約はこちらから

遺言Q&A

このページのTOPへ