無料相談実施中

札幌駅前相続サポートセンター 〒060-0061 札幌市中央区南1条西4丁目5番1号 札幌大手町ビル8階

メールでのご予約はこちら

札幌 税理士法人ノースブレーン

相続税・事業継承専門

札幌駅前相続サポートセンター

札幌駅前介護・障害福祉支援センター

札幌相続ニュース

CASE:1

配偶者にすべて残したい<相続人が配偶者と兄弟姉妹であるパターン>

夫A(53歳・会社員)と妻B(50歳・主婦)の間には子供がおらず、ある日突然Aが脳梗塞で倒れて死亡した。Aの残した財産は、自宅(時価2000万円)と預貯金500万円である。

Bは生活費のためA名義の預貯金を引き出そうと銀行窓口に行ったところ、銀行員に「A名義の預金口座はAの死亡に伴い凍結されており、引き出すことは出来ません。これを解約して現金化するためには、貴女を含む全ての相続人の同意が必要となります。」と言われた。Bは慌てて「相続人は私だけではないのですか?私達に子供はおりませんし、Aの父母は既に亡くなっておりますが。」と聞いたところ、その銀行員は「Aのご兄弟はいらっしゃいますか?もしいらっしゃるのであれば、貴女とそのご兄弟達が相続人となります。」と答えた。Aには兄弟姉妹が7人いた。いずれも不仲かつ疎遠であり、Aの葬儀の際も、それら兄弟姉妹はBと会話せず、そそくさと帰ってしまったことが思い起こされた。

イメージ

Bが困り果てて家に帰ると、そのAの兄弟姉妹の一人から留守電があった。その内容は「来週○月○日にAの遺産の分割協議をしたい。我々兄弟姉妹にも遺産をもらう権利はあるのだから、勝手に遺産を処分したり隠したりしないように。」とのことであった。Bはこれから起こるであろう財産争いを想像し、背筋の凍る思いがした。

子もなく父母も亡くなっている場合、その相続人は配偶者と兄弟姉妹となります。一人残された配偶者に全ての財産を残してあげたい場合には、その旨を記載した遺言を残しておきましょう。

ただし注意点として、その配偶者が先に亡くなってしまう可能性もありますので、例えば「配偶者が先に亡くなった場合は○○○に相続させる(または×××施設に寄附する)。」などの次善策を明記しておくことを検討すべきでしょう。

« 遺言とは?  遺言TOP  CASE2:あの人に多く残したい »

ご相談予約はこちらから

遺言Q&A

このページのTOPへ